『格好良いカラダ』は日々の会話を底上げする

この記事は1分で読めます

216

よく雑誌を読むと、ジムに通う経営者の絵があります。
一見イメージ戦略のようにも見えるし、仕事に追われる人にとっては

経営者は暇だからジムに行けるのか?
現場に立たないから運動不足なんだろう。
そんな風にも捉えてしまいがちです。

ジム通いする経営者が実際にいるとして、
では、どうして会社の命運を託される彼らが時間を割いてまで運動するのか……。

調べると、商談を有利にさせる秘密が隠されていました。

 

例えば、痩せた営業マンがいて、来ているスーツもダボダボだったとしましょう。
いくら元気に返事をしていてもカラ元気に見えたり、
どこか頼りなさそうに見えてしまいます。

そこへ体格が良く、健康そうな人が現れたらどうなるか…
例え同じ商談だったとしてもやはり体格が良い営業マンが好印象です。

 

「第一印象」はやはり大事です。
印象を一度逃してしまうと、その後は全て「あいつはさえないやつだ」と
前提を敷かれたまま否定的に捉えられるケースが多いのです。

理不尽な話ですが、これが事実です。
言葉や内容よりも、見た目など非言語の情報から人が評価されてしまうことは多いのです。

これを「メラビアンの法則」と呼びます。
1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した法則で、
人物の第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まり、
その情報のほとんどを「視覚情報」から得ていると言うものです。

「コミュニケーションにおいて、言語情報よりも非言語情報が重要である」
結局言葉より見た目なんですね。

体格を整えるだけで、どんな内容でも、印象が底上げされる。
そんな効果が運動で得られるから経営者が運動しているんですね。

このメラビアンの法則は誰でも使える方法です。
体格をよくするだけで、世間が認めてくれる。
今よりも自分の生活全体が好転していく力を秘めているのが、
格好良いカラダなんです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found
mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Courage-to-challenge-the-climb-of-the-cliff_1366x768
  2. 1216brain-power
  3. mT6UW
  4. image5
  5. th3CHVQ68H
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


管理人:重田大吾(しげた だいご)


ボディービルの本場、アメリカでノウハウを積んで来た方を追って 自らもアメリカへ渡りボディービルへ挑戦。 日本最先端のノウハウを実践してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メールマガジンはこちら

mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

Get Adobe Flash player