有酸素運動で痩せれるの?

この記事は1分で読めます

有酸素無酸素 運動

格好良いカラダを目指す者にとって、必ず立ちはだかるのが
体脂肪です。

ぜい肉は筋肉と違って、力を入れてを引き締まることはないので、
下に垂れるしかありません。

膨れ上がった脂肪がベルトにお腹が乗ってしまうのは必然なのです。

ダイエットを試みて最初に思いつくのが運動ですが、
大体はランニングや水泳など「有酸素運動」を連想する方が多いです。
しかし、この有酸素運動、本当に痩せるのでしょうか?

ある情報によると、
ジョギングで消費できるカロリーは
=[体重(kg)]×[移動距離(km)]で求められるようなので、
体重60キロの男性が5キロ完走したとして[300kcal]

おにぎり2つ分のカロリーを消費したことになります。

仮に、30分間運動して300kcal消費出来る生活を毎日行えたら、
確かにダイエットも可能かもしれません。

しかし、毎日仕事で疲れて帰ってくるのにその上で“毎日30分”はなかなか辛いものがあります。

その上、体脂肪は1キロ約10,000カロリーあるので途方のない道のりとなります。

ハッキリ言って有酸素運動はダイエットに向きません。
それに、ダイエットが必要な人は筋力がない上に体重が重い場合が多い、
足腰を痛める原因にもなるので、やっぱりお勧めできません。

重要なのは、「痩せやすいカラダ」と作ること。

もう一度言います。
「運動で痩せるのではなく、痩せやすいカラダを作つこと」

これがダイエットで最も重要なポイントとなります。

じゃあどうやって痩せやすい体を作るの?
続きはこちらでその理論をご案内します。

「基礎代謝と筋量の関係」

あわせて読みたい関連記事

mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Woman Standing on Scale
  2. image5
  3. medium_4199675334_thumb
  4. oil
  5. main
  6. news20121030_detail
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


管理人:重田大吾(しげた だいご)


ボディービルの本場、アメリカでノウハウを積んで来た方を追って 自らもアメリカへ渡りボディービルへ挑戦。 日本最先端のノウハウを実践してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メールマガジンはこちら

mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

Get Adobe Flash player