なぜ太るのか? インシュリンと砂糖の関係

この記事は1分で読めます

20130130145750

一般に
摂取カロリー>消費カロリー=肥る と言われていますね。

確かにこれは正しいことですが、もっと具体的に「何をするべきか」を知るために
体が太る過程を考えていきます。

 

 

まず、体内には「インシュリン」と呼ばれるホルモンが存在します。
このホルモンは、血中に流れる糖分を各組織へ取り込ませる効果があります。
しかし、この過程で一緒に血中を脂肪分などが流れていたら一緒に取り込めてしまうんですね。

 

「血糖値」聞いたことがあると思います。
血糖値とは、血液中を流れる糖質の量を指しているのですが、
これが低くても高くても体には良くないんですね。

例えば。
デザートを食べると、砂糖など消化が良い糖を大量に摂ることになります。

すると血糖値が大幅に上昇するため、インシュリンが血糖値の急激な上昇を抑ようと、
血液から各組織へ糖質を吸収させることで血液中の糖濃度が上がり過ぎないようにします。

 

ただ、デザートがもしソフトクリームやチョコレートだったら

一緒に食べたものはポテチやステーキだったら…‥

脂肪分も一緒にインシュリンが取り込ませてしまうんですね。

 

普段の食事でも同じです。
パンや米と一緒にお肉や油を取ることによって効率的に血中から脂肪細胞へ
油が流れてしまう。

こうして『太る』という現象に繋がってゆくんですね。

あわせて読みたい関連記事

    None Found
mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. iStock_000004707356XSmall1
  2. 240px-Blue_circle_for_diabetes_svg
  3. thEMJD9NNX
  4. 2
  5. Woman Standing on Scale
  6. news20121030_detail
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


管理人:重田大吾(しげた だいご)


ボディービルの本場、アメリカでノウハウを積んで来た方を追って 自らもアメリカへ渡りボディービルへ挑戦。 日本最先端のノウハウを実践してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メールマガジンはこちら

mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

Get Adobe Flash player