『1日1食』でなぜ太るのか。

この記事は2分で読めます

thEMJD9NNX

太るとは、
摂取カロリー>消費カロリー=肥る と言われていますね。

以前の記事でインシュリンと糖質の関係に触れましたが、
今回は『1日1食』でなぜ太るのかについて考えていきます。

以前の記事「インシュリンと糖の関係」

 

インシュリンには、血中に流れる糖を各組織へ吸収させる働きがありますが、
糖はエネルギー源として非常に有能。とても消化しやすい物質です。

これに加えて脂肪は、言わば大量の糖を圧縮して作った物質ですから、
再分解してエネルギーにするにはひと手間かかります。
さらに言えば、人類は進化の過程で飢餓にこそ強く適応できる生命体へと進化してきました。

ですから脂肪は極力使いたくないわけです。

 

 

1日1食生活のように、
次の食事までに時間がひどく空いてしまうような生活だと
消費の早い糖は基礎代謝分だけでもかなり使ってしまいます。

 

飢餓のために進化してきた人体は、こうした血糖値の定価に敏感。
定期的に食事がない状態だど、危機感こそなくても体内では本能的に
飢餓に備えた体制を取るようになりま。

 

すると、何が起きるか?

「低燃費で蓄えの多い体を作ろうとします。」

 

食事回数が減るほど、人体は足らない糖分を筋肉を分解することで糖を補充します
筋肉が痩せれば、基礎代謝が減るので、飢餓であっても体力を浪費せずに済むわけです。

また、いざ食にありつけたら通常以上のインシュリンで体脂肪へ取り込んで
体に蓄えようとしてしまうんですね。

 

太るとは、
摂取カロリー>消費カロリー=肥る と言われていますね。

この摂取カロリーが、例え消費カロリー分を下回ったとしても、
足らない分は筋肉を分解して補い、翌日以降、消費カロリーを低く作り替えてしまいます。
また、1日1食生活や、絶食などをしていると同じ食事量でも
インシュリンが大量に出やすい分脂肪になりやすい傾向になります。

 

 

筋肉なら垂れないけど、脂肪は垂れます。
同じ体重でも筋肉と脂肪の割合次第では体格に歴然とした「差」が生じてしまします。

ただ痩せたいのか?
綺麗に・格好良くなりたいのか?

この違いをよく考えた上で食事は考えなければなりません。

基本的に体が資本。
体は食べたもので作り上げられます。
この違いを知った上で選択しないと、リバウンドや痩せたのにダサい身体になってしまします。

あわせて読みたい関連記事

    None Found
mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. iStock_000004707356XSmall1
  2. oil
  3. 有酸素無酸素 運動
  4. 20150126125758
  5. red-number-0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


管理人:重田大吾(しげた だいご)


ボディービルの本場、アメリカでノウハウを積んで来た方を追って 自らもアメリカへ渡りボディービルへ挑戦。 日本最先端のノウハウを実践してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メールマガジンはこちら

mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

Get Adobe Flash player