ケトンダイエット、なぜ『2週間』

この記事は2分で読めます

P1570992

インターネットでどの記事を見ても
基本的にケトンダイエットは2週間として掲載されて言いますが、
この2週間の根拠は一体何なんでしょう?

 

 

調べてみたところ、
この根拠はダイエットに関する生理学とは全く関係のない事が関係していました。

 

 

心理学です。

『人は2週間続けられたものはその後習慣化されやすい。』というのです。

 

 

ケトンダイエットは、
確かに調理の度素材の糖質量を把握しなければならない点難しいし、
体がケトーシス(ブドウ糖の代わりとなるエネルギー源:ケトン体が体内に満ちた状態)
になりまでの間は体がダルかったりします。

3日もすれば体はケトーシスになり体調も良好になるのですが、
それ以前に挫折してしまう人が実際に多いのも事実なんですね。

そこまで辛いか?
辛さより、めんどくささが助長して2週間の壁を遠ざけてしまうのでしょう。

 

ケトン食の生理的慣れも2週間で付くと言われています。
2週間たった後は、個人の目標体重までケトン食は続けて良いですし、
ケトンダイエットを辞めるの絵であれば、徐々に糖質をとってゆくことで、
インシュリンの反応を見ながら通常の食生活に戻れは良い。

個人の好みでさじ加減して良い自由がケトンダイエットの魅力の一つですね。



さて、2週間後もケトンダイエットを続ける場合、
実践者には素敵なルールが追加されます。

 

それは『週一回反則の日』です。

 

ケトンダイエットに実施期限はありませんが、あまり長くやっていると、
体が適応して、体脂肪の燃焼効率を上げてしまうんですね。

 

また、いくらブドウ糖に変わるエネルギーを作れるようになったからといって、
美味しいものはいつだって食べたいもの。

 

付き合いもあるし、ご褒美もしたい。
なによりストレスや日常の人付き合いにまで支障をきたす様なダイエット法では続きません。
ダイエットは続けること。ストレスを溜めないこと事需要な課題です。

 

2週間ケトンダイエットを継続できた人は、
週刊化されているので反則してもダイエットを続けられる大地が備わっている。
食事に波がつくため脂肪燃焼は促進される。
ストレス発散が出来る。

 

一石三鳥の反則を週一回することで
ダイエットを続けられるようになるんですね。

あわせて読みたい関連記事

    None Found
mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2
  2. Woman Standing on Scale
  3. 20130130145750
  4. back
  5. 240px-Blue_circle_for_diabetes_svg
  6. news20121030_detail
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


管理人:重田大吾(しげた だいご)


ボディービルの本場、アメリカでノウハウを積んで来た方を追って 自らもアメリカへ渡りボディービルへ挑戦。 日本最先端のノウハウを実践してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メールマガジンはこちら

mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

Get Adobe Flash player