【しげ太ヒストリー①】 友達について

この記事は1分で読めます

2015年1月 僕が始めてYouTuberとして
身内にではなく外へ後悔した処女作です。

当時の僕は、自信がないやつの背中を押せるような人になりたいと思って
とにかく何か世間に訴えかけてやろうとカメラを回し始めました。

自信がないやつがどうやって自信を手に入れるのか・・・。
「どうせ自分なんて」って思っているような人に頑張れとか言ってもダメなのは
僕自身が一番よくわかっていたので。

「運動」をキーワードに自信を付けるても良いんじゃないか?
という取っ掛りから人生を1ミリ変えられるように気分を変えていこうよ。
ってことで動画配信を始めたんですね。

僕はただの介護士ですから、なんの強みもありません。
正直見返すと恥ずかしかったりもするんですが、

これが僕の最初の一歩でした。
なんだかんだ大事にしたいものなんですよね。

この動画では「友達」について触れています。
そして「価値なんて誰が決めるかもわからない」
「異端であること。病気であることが価値になることもある」という考えは
僕をこれまで何度も救ってくれました。

一つの真理を付いていると思うんですね。

一般的な大人のように『無難に』と事勿れ主義を決め込んでいたら、
結局誰の胸にも刺さらない人間になっちゃうと思うんです。

やっぱり、具体的な主張や振る舞い、偏りがあるから好いてくれる人がいると思うんです。
これは、敵を作ることと同義かも知れない。

だけど、大人になった今、『本当の友達』と呼べる人は実際何人いますか?
僕は数える程もいないです。

商品もそう。
起業家としてもそう。
一人の男としても、営業マンとしてもそうです。

無自覚に生きていたら途端に孤独になってしまうんだろうな。という恐ろしさを知りました。
八方美人を選んだものに縁は無いんだという事実は事例を何度も見てきました。

友達に関係なく、起業だって原則は同じで、
最初は資本も顧客もないからなんでもやるしかありませんけど、
自分を安売りしたり、招かれざる客に迎合する事は全く違うと思うんです。

顧客も従業員も巻き込んでファンに染めてゆくことが最高の仲間作りであり、
寂しくない生き方であり、起業に必要な姿勢だと思うんですね。

あわせて読みたい関連記事

    None Found
mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1024-768
  2. オープニングサンプルaa
  3. オープニングサンプルaa
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


管理人:重田大吾(しげた だいご)


ボディービルの本場、アメリカでノウハウを積んで来た方を追って 自らもアメリカへ渡りボディービルへ挑戦。 日本最先端のノウハウを実践してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メールマガジンはこちら

mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

Get Adobe Flash player