しげ太は なぜ ビルダーを目指すのか?

この記事は2分で読めます

トップ画面

こんにちは、しげ太です。

今回は僕がどうしてビルダーを目指そうと決めたのかをお話しします。

僕は元々ビルダーを目指していませんでした。
それも、つい最近まで。

今回こうして活動するたきっかけは、

『”落ちこぼれ”が自信を取戻し、

 自分を生きるきっかけをバトンしたい』

と思うようになったからです。

 

 

そのため、

ビルダーになれば注目されやすいと思ったし

僕自身も落ちこぼれの一人として踏み出したことを伝えやすい思ったからです。

 

ビルダーの腹筋はまるでクワガタムシのお腹みたいだから、
人によっては気持ち悪いと思うでしょう。
薬漬けで中毒者の様に勘違いする人もいるかもしれません。(僕は薬を使いません)
物珍しさに色物だと思う人もいるでしょう。

 

しかし、
あんなに黒く焼いて、体脂肪3%近くまでそぎ落とすあのストイックさは狂気です。

 
あそこまで自分を追い込めるんだったら、人生を変えることだって出来る。

落ちこぼれ代表として

結果を示すには最高の目標だと僕は思ったのです。

 

僕は落ちこぼれの肉体労働者です。
だから本来「世間を見返してやろうぜ」とか
「人生を変えてやろうぜ」「人生の主導権を取り戻そう!」と言っても
武器となるものがありません。

だから僕にはビルダーとか、もっと分りやすくて大きな目標が必要なのです。

 

人生を変える? バカ言うんじゃない『資格を取ればいいじゃん』
そう思う人もいるでしょう。でも世間を見て下さい。

資格を取って職に就いても、会社そのものの寿命が短くなっている。

 

従業員をしていても自分の家計は支えられないのです。
昔と違い、少子高齢化が進み、物資の価値基準も変わってしまった。
科学水準が一定上進化してしまった現在、
今更新しい機能を搭載しても、物が売れない時代には勝てない。

そんな時代に晒される企業が、一番先に削りたい固定費が人件費。
優秀で安い海外の労働者を買うか、生産ラインを海外に移すか……。

 

いずれにしても日本人に未来はありません。

競争のパラダイムが変わってしまったのに、今更資格を取って、
旧式の戦法で闘っても勝てる訳がない。

 

 

今僕達が生きるために必要なのは、
変えの利かない自分だけのエッジを絶たせることです。

「人がやらない事をする」事です。
「従順な労働者ではなく、リーダーになる事」です。

 

会社都合に依存せず、

自分で人生を掛ける力です。

 

 

介護の世界は今売り手市場と言われていますが、

あそこだって団塊世代がリタイアしたら需要と供給のバランスが崩壊する。
そもそも介護で日本は儲からない。

 
僕たちの家計は国が儲かる事によって生気が戻る。
国が貿易で儲からなければいけない。

通常介護産業は国内での経済循環の一環を担うだけで国際競争力にはなり難い。

 

あの世界は特に道徳的な文句であふれていているけど、

現状はネットに流されているとおり。

 

結局分の身を立てられなければ、誰も守れない

安い賃金で精神労働を課せられる職員がいつまで自分の理性を保てるか……。

僕達は望んで悲劇を生きたいんじゃない。

僕はつまらない綺麗ごとで、
大切な人と自分自身を見殺しにする人にだけはなりたくない。

 先ず自を生かさなきゃ、誰も守れない!!

 

……で、なんでビルダーなの?

だいぶ遠回りしてしまいましたが、
僕はみんなに「もっと個人として生きて欲しい」と伝えたいのです。
綺麗ごとを捨てて、自分の手が届く小さな世界で良いから本音に生きて欲しいのです。

もはや上司や会社、常識・綺麗事でやり過ごせる程世の中に余裕はありません。

 

僕らは本気にならなければならない。そのためだったら不純で良いと思ってる。

わがままでも良いからエゴをむき出しにして、
自分の見える小さな世間からでも変えてゆく努力が必要だと思う。

自分を押し殺しているのび太たちに最初の勇気をバトンする。

そんな活動がしたい。

 

ビルダーになって目を惹き、メッセージを投げかけてたら

誰かしらに届くかもしれない…。
そう思ったのです。

 

と、いう事で、
しげ太は なぜ ビルダーを目指すのか?『完』

また似たような事をどこかで言うかもしれませんが、
その時は温かく見守ってください。

それでは!

あわせて読みたい関連記事

    None Found
mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. しげた筋トレ前
  2. オープニングサンプルaa
  3. 65キロのビルダー
  4. IMG_0326
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


管理人:重田大吾(しげた だいご)


ボディービルの本場、アメリカでノウハウを積んで来た方を追って 自らもアメリカへ渡りボディービルへ挑戦。 日本最先端のノウハウを実践してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メールマガジンはこちら

mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

Get Adobe Flash player