世界の「のび太」へ

誰もが多少なりとも理不尽を抱えながら生きている。

独り

社会の一員でいある以上、これは致し方がないことだ。

だけど、世間で言う“落ちこぼれ”

低学歴、貧困層、肉体労働者をしている人達は更に苦しい状態だと思う。

 

僕は自分を含め、彼らを「のび太」と呼んでいる。

 

僕ら「のび太」の最も不幸な点は、現状を打開する術を持っていない事だと思う。

自信を喪失し、社会や未来に絶望し、

大人になり、世間を知り、一層理不尽に抗う気が失せている。

 

 

僕は、 悔しくてたまらない。

僕はかつて社会から無視され続けた。

言葉こそ暴力的だが結局のところ 強者の従順な所有物になれ と強要され、

バカにされ、毎日が虚無感と絶望の連続だった。

 

 
でも、これは特別な事でもなかったと思う。

社会には序列があるし、力が無ければ強者から居場所を分けてもらうしかない。

 

奴隷制度が形を変えただけで、

今目の前にある動労の主従関係も本質的には変わらない。

 

 
これは善悪の問題ではない。

社会を構成する事実そのものなんだ。

 
子供だろうが関係ない。『弱い者に未来はない』

“僕らは自分を売る事で生かされている”

 

僕はこの自分を殺さなければならない事実が悔しい。

僕は、自分達現代の「のび太」が人生をリベンジ出来るようにしたい。

 

………。

 

何が正しいかなんて僕にもわからない。

それに、人生を変えるなら相応の行動力が問われる

正直走り抜けられるかも不安だ。

 
自信を失ってしまった僕達にとって、

勇気をもって闘い、走り続ける事でさえ苦しい。

  

でも、

これまで誰も助けてはくれなかった。

やっぱり自分で闘うしかない。

  

じゃあ・・・

どうすれば踏み出す勇気を持てるの?

どうすればやり抜く自信を持てるの?

  

自信なんて人それぞれ。切っ掛けはなんだって良いと思う。

僕の場合、それが筋トレ。

それだけのこと。

 

脳筋にさえなれなかった野郎が、また中途半端な事をしていると、

世間は笑うかもしれない。

 
だけど、笑うならそれでもいい。

僕をネタに笑って、少しでも元気が出るのならそれも良いと思ってる。

 

この笑いで誰かが

自分の運命と闘う勇気になるのなら本望だ。

 

はじめまして、「しげ太」です。

僕は人生をかけてビルダーを目指しています。

 
どうせやるなら目標はデカイ方が良い。

結果を出したいのなら、その世界に身を投じた方が良い。

 
僕は2015年7月のからビルダーデビューし、

来年には自分に打ち勝ち、最高のコンディションで挑みます。

 
考えが行動を変え、行動が人生を変えるのなら、

僕は筋トレで自信を付ける事で行動を変え、

人生をリベンジできるかもしれない。

いや、やって見せる。

 
何もない落ちこぼれがどうやって自分を変え、

人生を変え、理不尽を克服し、人生の主導権を取り戻すのか

ご期待ください。

 
願わくば、あなたの勇気にバトンが出来ますように。

「しげ太」

 

 

 

 

 

 

 

 

RETURN TOP

プロフィール


管理人:重田大吾(しげた だいご)


ボディービルの本場、アメリカでノウハウを積んで来た方を追って 自らもアメリカへ渡りボディービルへ挑戦。 日本最先端のノウハウを実践してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

メールマガジンはこちら

mail
このメールマガジンでは、私しげ太が自らの肉体改造において半年間で脂肪をつけることなく10キロの増量に成功したノウハウをお伝えしています。
名前
メールアドレス

Get Adobe Flash player